インビザライン矯正って?

tickets
インビザライン矯正というのは、歯列矯正の方法の一つです。薄い透明な、プラスチック製のマウスピースを装着することにより、 歯並びや噛みあわせを少しずつ整えていく治療方法です。 歯並びや噛みあわせが悪いと、さまざまな問題が起こり得ます。 まず一つとして、そのことがコンプレックスになってしまう人がいます。人に見られてしまうのが気になって、口もとを押さえて話したり、 笑ったりする人が少なくありません。また、歯並びが悪いことなどを馬鹿にされてしまい、心に傷を負ってしまうこともあるでしょう。

心の問題だけでなく、身体の問題も、歯並びや噛みあわせが悪いと起こってしまうリスクがあります。 歯並びが悪いと頑張って歯みがきをしても汚れが残ってしまい、その汚れのなかにいる細菌によって、 むし歯や歯周病を招いてしまう原因になります。また、噛みあわせがよくない人のなかには、しっかりと口を閉じることができずに、 口呼吸になっている人も珍しくありません。口呼吸の人は口内が乾燥しやすく、むし歯や歯周病の悪化を食い止めてくれる役割を担う唾液が、 歯や歯肉に行き渡りません。

そしてこれにより、むし歯や歯周病を引き起こしてしまうリスクが高まってしまいます。 さらに歯並びや噛みあわせが悪いと発音しにくくなったり、ものをうまく飲み込めなくなったりしている人もいます。 このような問題を解決する方法の一つがインビザライン矯正です。当サイトではこの矯正方法にどういう特徴があるのかまとめていますので、 参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

関連情報
インビザライン矯正は金属不使用のため、様々なメリットがあります。こちらのサイトではインビザライン矯正を行っている歯医者でマウスピース矯正の記事もあります。 ・・・ インビザライン矯正 特徴